転職するときの2回目の注意点

悩む人

1 回目の転職で会社の選択ミスをしてしまいました。。

さすがに3社目の転職は失敗したくないと思って悩んでいます…

2回目の転職は、どんなことに注意したら良いでしょうか??…

 

こういった悩みに答えていきます。

本記事のライター

僕自身、20代で3社経験しており、3社目の転職にかける失敗したくない気持ちは分かります。

今回は、2回目の転職で注意すべきことについて書いていきます。

本記事の対象

  2社目の転職で選択ミスをした人
  3社目の転職にむけて注意すること
  失敗しない転職方法

それでは本編に入っていきます。

 

転職するときの2回目の注意点

僕自身、20代で3社経験しているため、3社目の転職にかける気持ちは分かります。

せっかく入った会社をすぐ辞める選択が良い場合と悪い場合があります。

それでは順を追って解説していきます。

 

なぜもう一度転職したいのか?

  • 社風/労務関係
  • 自分のスキル不足
  • 専門性が薄い分野
  • 人間関係

 

など、転職を考えると様々な事情があると思います。

自分のスキル不足かつ今後も役立つことであれば、歯を食いしばってついて行くのもアリでしょう。

しかし、社風や労務環境などの要因については、実際に入社してみないと判断できないことでもあると思います。

 

【ポイント】

・その事柄が一過性のものなのか?
・今後も改善される可能性が無いのか?

 

自分でコントロールできる分野orできない分野か判断することが大切です。

自分でコントロールできない事柄を変えようとするのは労力の無駄です。

その場合、焦らず準備を整えてスマートに転職しましょう。

 

何が選択ミスを生んだのか?

社会人の1社目は、右も左も分からないので運次第なところはあります。

ですが、2社目の選択ミスは何が悪かったのか?は整理しておきましょう。

 

<注意説明>

・企業のリサーチ不足
・自分のやりたいことが不明確

 

恐らく上記2点に当てはまるはずです。

3社目は徹底的にリサーチをして外さないようにしましょう。

 

3社目はハードルが上がる

3社目の転職は慎重に

2目の転職の判断は慎重にしましょう。

仮に3社目の選択をミスった場合、さすがに4社目は転職自体が難しくなる場合があります。

 

実績を積んでおく

できれば、2写メで他社にアピールできる実績を積んでおきましょう。

1社目は社会人経験が乏しいため、大した実績がなくても仕方がないですが、3社目となれば変わります。

企業は即戦力を求めているので、明確な実績・スキルをアピールできるようにしましょう。

 

勤続年数は必須

1、2社目とも勤続年数が短い場合は要注意です。

より良い企業へのキャリアアップを望むなら、せめて勤続年数は意識しておきましょう。

これは、現職・スキル・経歴により左右されるので一概には言えませんが、採用側からすると短すぎて良いことはありません。

 

最悪も想定する

  • キャリアDownの可能性
  • 転職して年収も下がる
  • 労務環境もさらに悪くなる

 

仮に3社目が最悪であれば、高確率で待遇の悪い会社を転々とするハメになります。

ですから、2回目の転職はキャリアアップに繋げることが必須です。

 

おすすめの転職方法

❶ヘッドハンティングで転職
❷紹介で転職
❸安全性が高い会社への内定して転職

上記のヘッドハンティングは、企業からのスカウトメールを含みます。

自分の経歴に興味を持つ会社から声がかかり、転職の話をもらうことがあります。

 

転職エージェントに登録しておきタイミングを待つのもおススメです。

 

<注意説明>

全部に共通するのは、自分で企業を調査することです。

ヘッドハンティング=優良企業ではないことには注意してください。

 

これだけはNG

絶対に辞めてからの転職はNGです。

上記で書いた通り、最悪のループに入る可能性が高いです。

それだけ注意して、良い会社に移れることが大切です。

 

転職するときの2回目の注意点【まとめ】

 なぜもう一度転職したいのか?
 過去の退職理由と比べてどうか?
 3社目はハードルが上がる
 最悪も想定する
 おすすめの転職方法の確認
 絶対に辞めてからの転職は

 

転職の成功には、準備が不可欠です。

・企業から欲しいと思われる人材になる

・自分で企業を選べるようになる!

 

この記事を読んでくださった方の転職を応援します!

今回は、以上です。

みなさんの転職が上手く行くことを応援しています。

Twitterも発信してますので、良ければフォローをお願いします!

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。