残業が当たり前にある会社の特徴7つと早く帰る方法

悩む人
会社でダラダラ残業しているのが悩みです。。

早く帰りたいけれど、周りの人が早く帰らず困ります。

残業代をもらえるからまだ良いと思いつつも、このままじゃダメだと思う自分がいます。

今回は、上記の悩みを解決できる記事を書きました!

 

本記事のライター

本記事の内容

残業をダラダラする会社の特徴とは?
残業せずに帰る方法
残業しすぎるデメリット

それでは本編に入っていきましょう。

 

残業が当たり前にある会社の特徴7つ

こんな会社は残業をダラダラする文化が強いと言えるでしょう。

  1. 年功序列感が強い
  2. 平均年齢が高い
  3. 長時間労働が美德
  4. 生活残業が必要
  5. 会議も多くて長い
  6. 役割分担が不明確
  7. 自分が働く意味を再定義

 

なんのために仕事をしているのか?

ダラダラ残業して、多少の残業代をもらうことが本当にやりたいことなのでしょうか?

もちろん、生活費を稼がなくてはならない事情は分かりますが、自分自身が心からやりたいことは何か?を考えないと自分を見失ってしまいます。

ダラダラ残業せずに自分の未来について考え直してみましょう。。

 

企業文化に惑わされない

企業文化に惑わされないことが大切です。

  • 若く独身だと帰りにくい
  • 若い時だけという上司の洗脳
  • 若い人が必要以上の負担を強いられる

ほとんどの若者は、実務で負担を背負っているケースが多いです。

楽になるまで 10年~20年我慢していたら、人生は終わってしまいます。

会社を活用して自分のスキルを伸ばすことを考え、自分らしく働けるスタンスを確立しましょう。

 

残業を回避する解決策

まず、帰れないと思う思い込みを捨てて、早く帰ってみましょう。

特に今まで真面目に働いてきた人であれば、特段早く帰ることへの周囲の抵抗は低いです。

自分の中の心の壁を破ってみましょう。

 

早く帰る技3選

❶キャラ定着→いつも早く帰るキャラになる
❷裁量 UP→自分の統括範囲を広げ無駄を省く
❸指示を受ける場合→業務範囲と目的・成果物のレベル感を確認

上記を意識して、他人の言いなりにならないようにしましょう。

のは独身男性にはハードルが高いので、下手をすると業務を増やされる可能性も秘めています。

 

早く帰れる人間関係を構築する

残業を減らして、早く帰るには良好なコミュニケーション能力が必要です。

嫌われている人が早く帰ると、社内に味方が減ります。

堀びを売るわけではないですが、やはり好かれた方が仕事はしやすいのです。

 

残業が当たり前生活の未来

残業代は増える
スピードが上がらない
意欲は減少
スキルアップする時間がない
社外との繋がりがない

人生を豊かにできる人は時間の使い方が違うのです。

周りと同じ生活サイクルを繰り返しても、今より優れた未来を手に入れることはできません。

突き抜けて成果を出すためには、まず時間の使い方を見直し、力を入れるべきところを決めることが必要です。

 

残業が当たり前にある会社の特徴と対策のまとめ

❶自分の未来を再度考える
❷毎日納得した時間の使い方をする
❸ほとんどの会社で、一定数早く帰る人はいる
❹早く帰るにはコミュニケーションカは必須
❺人と同じ生活サイクルでは豊かになれない
❻残業で稼ぐと永遠に貧乏

 

今回は以上です。

良ければ参考にしてくださいね!!