勤続年数は転職に影響する?【退職前に考えておくべきこと】

悩む人

勤続年数が1年ですが、転職を考えています。

勤続年数の短さは転職に影響が出ますか??

転職する上でヒントがあれば教えてほしいです。

くま

結論から言うと、勤続年数が2年程度あると転職はしやすいです。

ですが、在籍しながら転職活動をするのであれば、勤続年数はそれほど影響しないと思っています。

会社を辞めるには、勢いも必要ですが退職前に準備をしておきましょう。

今回は、勤続年数が短い人が退職前に考えるべきことについて解説していきます。

本記事のライター

勤続年数は転職に影響する?【退職前に考えておくべきこと】

辞めたあとのビジョンは明確に

会社を辞めることが目的になっており、その後のことまで気が回らない人もいます。

確かに会社を辞めるとすっきりします。

しかし、辞めたところで現実は何も変わりません。

勤続年数が短ければ、次の仕事が見つかりにくくなるハードルは上がります。気持ちに余裕がある時から、自分のビジョンを明確にしておきましょう。

 

不安を紙に書き出してみる

  • なぜ、会社を辞めたいか?
  • 辞めたらどうなるか?
  • 辞めるにあたって何が不安か?

 

会社を辞めるには、色々な事情があると思います。

実は、悩みは紙に書くとスッキリします。

明確に辞める理由が整理されたら、だいぶ不安は軽減されます。さらに、紙に書くことは自分の感情を取り出すことと同じです。

ノートには、思い切り本音をぶつけることをおススメします。

 

3年後の自分を想像する

会社を辞める踏ん切りがつかない人もいるでしょう。

そんな人には、3年後の自分をイメージしてみましょう。

  • このまま3年過ぎたらどうなるか?
  • その人生にワクワクできるか?
  • どんな自分になれているか?

 

3年後の自分を笑顔にするには、手に入れたい未来から逆算することが重要です。

もし、3年後に良いイメージが保てないのであれば、選ぶ道は自然と変わります。

 

決断には「材料」が必要

決断には、判断のための材料が必要です。

言うまでもなく、転職には計画的な準備が必要です。

❶自分の価値
➋需要(求人)
❸マッチング

転職エージェントと面談するときに上記の3つを確認しましょう。

エージェントは客観的な目線で、自分の転職へのアドバイスをくれます。

僕自身、自分の市場価値を確認するために定期的にエージェントと連絡を取っています。

動くと決めた時に決断できる自分でいましょう。

 

部署異動も1つの方法

エージェントに相談をして、不足する経験があるなら部署異動で実績積むのもアリです。

辞める覚悟があるなら、部署異動を打診してみましょう。

会社は、極力社員は辞めさせたくありません。

前向きな理由なら、会社も相談には乗ってくれるケースはあります。

もちろん、企業文化·体質がダメな会社であれば異動しても意味がありません。

異動してみて、やっぱり違う!と思ったら退職するのも方法の1つです。

 

人生は職業だけで決まらない

仕事は人生の主要な部分になりますが、それが全てではありません。

長期的な視点で、どんな人生にしたいか?の方が重要です。

「転職」はあくまで、人生を良くする土台です。

自分の人生の全体をデザインしていくことから考えましょう。

 

勤続年数は転職に影響する?のまとめ

  • 転職するにしても辞めずに活動する
  • 辞めたあとのビジョンは明確に
  • 不安を紙に書き出してみる
  • 3年後の自分を想像する
  • 決断には「材料」が必要
  • 部署異動も1つの方法
  • 人生は職業だけで決まらない

日本では、会社を辞めることはとても悪いような印象があります。そして、周りからは逃げたように思われるかもしれません。

僕自身、20代で2回転職していますが、実際に転職して良かったことも多いです。

完璧な企業など無いですが、自分の気持ちを大切にして有効な時間の使い方をしましょうね。

 

転職エージェントを活用する場合はこちらの記事を参考にしてください。

正社員の転職におすすめなエージェント【実際に活用した会社のみ紹介!】

 

キャリアで悩んでいる人は、ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。あなたの仕事に役立つ情報が見つかれば幸いです。

Twitterも発信してますので、ぜひフォローをお願いします!